2019年6月18日火曜日

新潟県に震度6強

ブログを書いているときに地震がありました

新潟県で震度6強

1mの津波警報が出ています・・

今回揺れた地方以外の方もぜひわが身におこったら・・と考えて

今一度備蓄の確認、連絡方法の確立など振り返ってみてください・・

活動のご紹介

なかなか更新できずにすいません・・
これからは少しずつやろう、と何度目かの決意表明です。

気が付けば6月・・いつの間にか一年も折り返しの時期ですね

なので毎年年末に行っている

【みんなサンタ】の準備を始めました。

こちらの活動は2014年から行っているのですがこちらで紹介させていただいたことはなかったですね・・・








児童養護施設という理由があり両親と一緒に住めない子たちが暮らす施設があります。
そこで暮らす子どもたちに気持ちとプレゼントを届けようという活動です。



いろいろな団体がそれぞれのスタンスで活動していますが私たちは
お家で眠っている新しいおもちゃ、子どもたちが喜びそうなお菓子をご寄付いただいて
それをクリスマス前に届けたり、地元のプロスポーツチームの力をお借りして
一緒に遊んだりしています。(昨年度は浦和レッズさま)



本年度からはステッカー等も作成しその売り上げを活動費にあてた残りの全額を寄付することを目指し鋭意作成中です。



順次アナウンスさせていただきますのでよろしくお願いいたします!

また毎年三月には埼玉県のさいたま市にで
【さいたまキャンドルナイト】

という防災啓発イベントも行っています。
出展者さんの売り上げの一部と皆様からの義援金を様々な施設に寄付させていただいております。







こちらもぜひよろしくお願いいたします。


2018年11月5日月曜日

鶴見養護学校防災キャンプ

かなり久しぶりの更新です!
活動していなかった訳ではないのですが・・・。
ということで今月から最低月1回は更新していきます!

はじめに

先日神奈川県にある鶴見養護学校の防災キャンプにお邪魔してきました。その中の「NPO法人こととふラボ」さんが行った防災キャンプのアクティビティ「気持ちボックス」製作ワークショップのお手伝いを行いました。

百聞は一見にしかず

今まで養護学校に行ったことがなく想像の世界でした。実際に養護学校へ足を運んだことで気づきがありました。

症状は人それぞれ

要支援者である障害を持った方は、一人一人の症状も違えば年齢も違うため、ひとくくりに要支援者として一律にまとめることは難しいと感じました。防災キャンプの中で養護学校の先生方はそれぞれの生徒に合わせてテキパキとポートを行っており、凄いなぁとあっけにとられてました。災害時に先生たちと同じ対処ができるかといったら私は無理だと感じました。では、どうすれば良いのかを考えたのですが、やはり日頃から地域の要支援者と交流しておくということが大事なのかなと思います。また、その場をもっと設けないといけないと思いました。

目的によって内容を変える必要がある

何を目的にするかで防災教育の内容は変わってきます。今回の目的は、避難所運営ではなく「障害を持った子たちに体育館といういつもと違う環境で宿泊することに慣れてもらう」ということでした。内容に拘るあまり、この目的が達成できないということは避けないと感じました。

また、いきなり完璧を求めるのではなく、段階的、そして継続的に実施しつつ、参加者の立場に立ったプログラムの実施、これが大切だと感じました。

さいごに

今回声をかけていただいたNPO法人「こととふラボ」のそうちゃん。どうもありがとうございました。

NPO法人こととふラボ
http://cototofu.org/

気持ちボックス
防災キャンプの様子

2018年4月14日土曜日

活動1周年

2017年4月13日に任意団体として活動を始めて、おかげさまで1年が経ちました。たくさんの方に支えられて活動することができました。どうもありがとうございます。

これまでの経験を活かして、次の1年も頑張っていきたいと思います。
どうぞよろしくおねがいいたします。

ワークショップ

  • 2017.09.30 防災ワークショップ(横浜市西区)
  • 2017.10.15 防災きっかけ交流会(目黒区)
  • 2018.04.07 防災ポーチをつくろう(横浜市南区)

ミニワークショップ

  • 2017.06.03 浦和スマイルパーク(埼玉県浦和市)
  • 2018.03.10 第4回さいたまキャンドルナイト(埼玉県大宮市)
  • 2018.03.10 happy spring park 2018(国営武蔵丘陵森林公園)

イベント主催

  • 2018.03.10 第4回さいたまキャンドルナイト

「防災ポーチをつくろう」を実施しました

4月7日(土)に横浜市南区の井土ヶ谷アーバンデザインセンターにて防災ワークショップ「防災ポーチをつくろう」を実施しました。

区内の障がい者施設で製作したポーチを防災ポーチとして持ち歩こうといった内容のワークショップです。多くの方に参加いただき無事終了することができました。参加していただいた皆さん、貴重な機会をつくっていただいた株式会社太陽住建さん、どうもありがとうございました。

株式会社太陽住建
http://yanegari.jp/



第4回さいたまキャンドルナイトを開催しました


概要

開催日:平成30年3月10日(土)1500~2030
場所:宮一コミュニティセンター

当日は天気も良く、大勢の方にご来場いただけました。

各ブースの紹介


キャンドルづくりワークショップ

木灯人(このひのと)さんによるキャンドルづくりワークショップ。皆それぞれ思い思いのキャンドルを作成していました。

防災ミニワークショップ

きっかけLab.代表の塩月が防災ミニワークショップを実施しました。お忙しいなか会場へ足を運んでいただいた立憲民主党の枝野代表、片山錬太郎議員のご両名にも受けていただけました。

防災パネル展示とビデオ上映

鴻巣市にある埼玉県防災学習センターさまからお借りした、東日本大震災の写真パネルの展示と、発災時の埼玉県内の様子を撮影した記録ビデをを上映しました。

被災地の写真展示

所沢在住のフォトグラファー、河野謙一さんに撮影した被災地の記録写真と、気仙沼の鹿折唐桑駅で実際に使われていた看板を展示していただきました。

防災グッズの展示



ALLさいたまラーメン

全て埼玉産の具材を使った串八丁特製「ALLさいたまラーメン」を提供しました。売り上げの一部はチャリティーとして「ふれあい福祉基金」に寄付いたしました。


さいごに

様々な方のご協力があったからこそ、本イベントを無事終了することができたのだと思います。会場の設営、撤収においても自然と人が集まりみんなで協力して短時間で行うことができました。「共助」を身に染みて感じた一日でした。ご来場いただいた皆様、イベント開催にあたって色々とご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。


2018年2月17日土曜日

3月、4月の活動について

2月も後半に入りましたが、2018年の初投稿です。
団体としてとしてどのように活動していくのかを徐々に具体的にしつつ、色んな事にチャレンジしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

さて、今後の活動予定のお知らせです。

3月10日(土)
さいたまキャンドルナイトにおいてミニ防災ワークショップを行います。
さいたまキャンドルナイト実行委員会【告知用ページ】

4月7日(土)
横浜市南区において、防災ワークショップを行います。
細部は後日お知らせします。

さいごに、
目黒区のボランティア団体として登録しました。
そこで、目黒区でも定期的に何かワークショップができればと考えています。
ジャンルは防災に限らず、みんなが楽しめて、参加者同士がつながっていけるようなワークショップを開催できればと思っていますので、これやりたい!手伝いたい!という方いましたら連絡をお待ちしています!

新潟県に震度6強

ブログを書いているときに地震がありました 新潟県で震度6強 1mの津波警報が出ています・・ 今回揺れた地方以外の方もぜひわが身におこったら・・と考えて 今一度備蓄の確認、連絡方法の確立など振り返ってみてください・・

Popular Posts